2020/02/15

現在の受入可能国は、中国、フィリピン共和国、ミャンマー連邦共和国となっております。人材受入に関してご検討されており、具体的なご質問等ございましたら、幣組合事務局宛までお気軽にお問合せください。